BLOG

笠先生がゆく~パワースポット巡り

2019年10月29日

【伊勢神宮参拝記 with 成瀬先生&笠先生】~3日目~

弊社コンテンツをご利用の皆様へ

日頃より弊社コンテンツのご愛顧誠にありがとうございます、スタッフの菅原と申します。
今回は特別企画、『伊勢神宮参拝記 with 成瀬先生&笠先生』編の最終回の記事をお送りいたします!

…名古屋駅へ向かう帰りの電車の中。
私は溜まっていた疲労のために、あっという間に過ぎていった伊勢でのひとときを、うとうととしながら振り返っていました。

一歩踏み入れた途端に、空気の変わる感覚。

私のようなそそっかしい人間にも感じられた、「神様がいる場所」ということが伝わるほどの神聖さ。

神域内に渦巻く静かな熱気と、はるか昔から捧げられてきた人々の祈りと感謝。

時間を掛けて、大切に保護されてきた社殿と自然、そしてそれらを受け継ぎ守り続けてきた人々の営み。

日本中から、世界中から参拝に訪れる人々。

そして、命あることへの感謝。

たったの二日間。
けれど貴重な二日間のおかげで、はるか昔から多くの人々が伊勢神宮を訪れた理由が、私のような人間にも、それもまだまだ感覚的なものに過ぎないなのですが、少し分かりかけた気がしました。

…ふと先生方に目を向けると、お二人とも熟睡なさっていました。
きっと一時間単位でスケジュールがびっしりと埋まっているであろう間を縫って、滅多にないお休みにも関わらず、快く同行してくださった成瀬先生と笠先生。

ところどころで、どういう歴史や由来があるのかをお話しくださったり、どうして伊勢うどんがあのような形なのかを教えてくださったりと(ぜひ、調べてみてください!)、私一人ではただ何となく見過ごしていたであろうところも、沢山の気付きと分かりやすい説明でお話しくださいました。

きっと明日からはまた、大切なご縁を結んでいらっしゃる皆様のために、西へ東へ南へ北へと足を運び、少しでも皆様のお力にという想いで、一生懸命に励まれるのでしょう。

お二人には本当に感謝感謝です。

乗り過ごさないようにうつらうつらしていると、いつの間にか車内アナウンスは旅の終着点である名古屋駅への到着を告げていました。
そう、成瀬先生と笠先生とは、ここでお別れなのです。

『せっかくの名古屋なのに味噌カツも食べれないなんて…』

『成瀬先生はこれから西園寺先生と合流されるのでしたっけ?』

『いや、合流と言いますか、GO!龍!と言いますか、という感じでして…』

『???
ああ、なるほど。噂に違わぬお祭り好き、ということですね。その節はどうぞよろしくお伝え下さい。名古屋限定のカップ焼きそばでも買ってゆかれたらどうです?』

などと、早くも仕事モード?

のお二人。

「先生方、この度は本当に突然だったにも関わらず、伊勢神宮への参拝にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
この二日間、個人的にも素晴らしい経験となりました。
それにこの感動と絵付けをしていただいた招き猫を、皆様に必ずお届けすることを誓います!」

『まだまだ大変な状況ですから、伊勢神宮の凄さというか。温もりと言いますか暑さと言いますか。
弊社のコンテンツには、なかなかこちらまで来れない方も沢山いらっしゃるから、その場にいるような臨場感で感じられる、そんな記事を期待しています!』

『このご時勢に、こうして参拝の機会を与えていただけることに感謝しなければいけません。
そしてわずかでも、私達が共有したあの感動を、あの感覚を、菅原さんが感じたままに、言葉にしてみてください。
すでに何度か訪れている私達が言葉にするのは簡単ですが、それをせずに、あえてあなたが伝えるというのは、
初めて伊勢神宮を参拝した菅原さんの感じたものが、新鮮で、だからこそ、実感を持って記事を読んでいただく方に伝わるようにするためです。
波動やオーラといった専門的な言葉を用いる必要はありませんよ。

つたなくてもいい、感覚的になってしまってもいい。
あくまでも、あなたの心の中から自然に出た感情を、そのまま言葉にしてみることです。
それはガイドブックに書いてあるものよりも、ずっとずっと、皆様の心に届いてくれるはずですからね』

『良いこと言うなあ…
いやいや、僕も同じ事をこの後に言おうと思っていたんだけども!』

そう言って私に手を振ると、お二人は「名古屋限定のカップ焼きそばトーク」を繰り広げながら、名古屋駅を行き交う人々の流れに消えていきました…

さて!
全3回にわたってお送りしてきました『伊勢神宮参拝記 with 成瀬先生&笠先生』も、これにて最終回です。
読みにくい箇所や、スピリチュアルにもうとい素人目線での言葉のせいで、読みにくい箇所や想像しづらい部分も沢山あったかもしれません。
ただ笠先生にいただいたアドバイス通り、初めて伊勢神宮を参拝した私が、私なりに、あの時に感じたことを私の言葉で、ありのままに書かせていただきました。
どれだけ皆様のお心に届けることが出来たかは、正直にいって全く自信はありませんが…

ですが!

まだ参拝をなさったことのない方は、なかなかお忙しいこととは思いますが、もしお時間やご予定が合うようでしたら、是非行ってみてください。
本当に記憶に残る時間をお過ごしになっていただけると思います。
またすでに参拝なさった経験のある方も、私達は夏真っ盛りの時に行きましたが、秋の美しい紅葉に彩られた伊勢神宮はきっと素晴らしいでしょうから、そういった過ごしやすい時期にあらためて参拝なさるのも良いかもしれませんね!

今回、もちろん最初から最後まで「仕事」としての意識を持ち、弊社コンテンツスタッフを代表してうかがわせていただきましたが、この度の参拝が一生の経験となりましたこと。
肌で、心で、沢山感じられるものがありましたこと。
また必ず、今度はもっともっと勉強して知識をつけて伊勢の地を訪れたいと思ったこと。

先生方と違って特別な才能なんてない凡人の私ですが、それでも心から、そう思うことが出来ました。

そして、私のつたない記事をお読みいただけましたことも、本当にありがとうございました。

まだまだ未熟な私ではありますが、今より少しでも鑑定師の先生方と皆様の立派な橋渡しになれるよう、日々精進して参りますので、今後とも二人三脚、三人四脚で進んで参りましょう!

それでは、『伊勢神宮参拝記 with 成瀬先生&笠先生』のご報告は以上となります。

次回の配信も、楽しみにお待ちくださいね。
三度に渡りお送りさせて頂きました伊勢の旅。
お目通し頂いた皆様が少しでも当ブログで得るものがあれば幸いに思います。
お読みいただきまして、ありがとうございました!

※写真、動画を含め、先生方のアドバイスの元全て構成させて頂いております。
場所や詳細に関する質問は基本的には承っておりませんので、ご了承ください。
その他ご意見などは通常通り、お問い合わせフォームにて受け付けております。